包茎手術の安全性

危険なウィルス

日本人男性の8割が抱えている悩みが「包茎」です。
包茎はとてもポピュラーな悩みと言えますが、なかなか人には相談しにくい悩みの1つです。
包茎は大きく分けると仮性包茎と真性包茎の2種類があります。
非勃起時に包皮を自分でめくることができるのが仮性包茎で、包茎の中で最も数が多くなっています。
日本人男性の70%~80%がこの仮性包茎だと言われています。
非勃起時でも勃起時でも包皮を剥く事ができないのが真性包茎です。
日本人男性の1~2%が真性包茎だと言われています。

この包茎が原因で女性に対して積極になれないなど弊害が出てしまい、性に対してネガティブになってしまう男性が多くなっています。
そして恥垢などがたまりやすくなり不衛生な状態になるため、病気になってしまうこともあります。
尖圭コンジローマや亀頭包皮炎などには気を付けるべきですが、最近は個人輸入通販でこっそり治療できるためもしかかった場合でも安心です。
通販でベセルナクリームを買うこともできるため、万が一の場合は購入をオススメします。
しかし、そんな包茎の悩みに大変有効なのが包茎手術です。

包茎手術の安全性を心配する人もいますが、包茎手術は安全性が高いと言われています。
手術は皮の部分の処置を行うのみですので、機能に影響を与えることはないため心配する必要はありません。

包茎手術は基本的に自由診療になるため保険は適応されません。
しかし真性包茎の場合、泌尿器科等で保険適応で治療ができる病院もあります。

関連記事